メルボルン旅行2

2017年9月27日メルボルン旅行2日目

1.イモトのWIFIのおかげ

本当にイモトのWIFIに助かっている。今夜10時半頃。iPhone8の📱おかげもあるが、イモトのWIFIを朝までに充電して10時半過ぎにホテルを出ていままでバッテリーがもってくれた。もしイモトのWIFIがなかったら今日一日ソケットを買う為に奔走していたかもしれない。

2.昨日(初日)に戻って

  • 前日ほとんど寝られないまま、仕方ないので5時半に起床。6時半家を出発。YCATまで徒歩。7時10分発のバス乗車。成田第2ターミナル8時50分頃到着。
  • 最新の搭乗手続き

これは以前からあったのと同じ。

  1. パスポートの写真のある方を下にして、この機械に差し込むだけ。終わると搭乗券が出てくる。
  2. それと荷物を持って、飛行機会社のカウンターへ行く。今回は、JALのPカウンター

      << スポート、搭乗券を見せて、荷物を預ける。 ・<< 荷物を持って出発ゲートをくぐる << 国審査を受ける。帽子を取って係員のところへ行く。パスポートを見せる。 << 1番ゲートロビー。出発20分前頃から係員の指示に従ってゲートを通過する。搭乗券とパスポートを見せる。 << 田で出発前9時半頃に朝食をとり過ぎて、出発2時間後に出た昼食を食べられず、CAさんに断りを入れた。コンソメスープとハーゲンダッツのアイスクリームだけ食べる羽目に。残念。 << のかわり、全員に吉野家の牛🐄丼が出た。10年以上ぶりに食べたせいか、とても美味しいかった。いや、せいではなく、本当に美味しいかった。 自分でミックス

      ・着陸寸前のメルボルンの夜景

      ・5月に行ったロサンゼルス国際空港より断然システムが進んでいて、全て機械化されていた。機械が嫌いな人は、いままで通り並んで入国審査を受ける。

      ・最後に出口のところで入国申請の書類を係員に渡して終了。何人かは書類不備なのか戻されていた。とにかく簡単だった。ここまで人と全く接触しなかった。

      ・せんべい、機内でもらったパンとスナックを申請しなければならないのか心配だったが、何にも調べられなかった。ホテルでの夜食になった。

      ・空港の男子トイレ

      出迎えロビー 日本人係員に声をかけられた。

      ・出口を出るとすぐSKYBUSの切符売り場があった。この裏に乗り場があった。右手がキャッシュ専用窓口左手はカード専用窓口

      ・サザンクロス駅行きの2階建てバスに乗り込む。

      ・バスの2階先頭

      ・深夜のサザンクロス駅 翌日日中の人出の多さに驚くことになる。

      ・ネットにサザンクロス駅からホテル間バスが出ているとあったので、このセブンイレブンで尋ねたら、たぶん時間で乗れないのではないかと言われた。タクシーを進められたこともあって、店の前に並んでいたタクシーに乗った。乗る前に、ドライバーに交渉。コスモポリタンホテルまでどのくらいかかるか、時間と料金を教えてほしい。15分くらいかかる、料金はメーターを見ててくれ、と言われた。良さそうなドライバーだったので、遠回りされるのが嫌いだったけど、お願いした。

      行き先をナビに入れてくれ、その通り走ってくれた。20ドルだったけど、チップを5ドル足して20ドル渡したら喜んでいた。

      ・部屋は、わかって予約したけれど、やはり狭かった。タンスがひとつもなく、持って行ったスーツケースをタンスがわりにするしかないか?

      歓迎のメッセージは、何が書かれているか全く分からず読む気もしなかった。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA