不動産を売る場合の流れを教えてください

不動産ジャパンのサイトには詳しく不動産についての説明が載っていますので、詳しくはそれをご参照ください。ここでは、その補足事項を述べます。

不動産会社へ行く前に、まず相場を知って、売却価格の目安を立てる方が安心です。簡単にする方法があります。この方法は、理論的に証明されているわけではないと思いますが、実務で使っていて、手軽にできるのと、お客様も納得しやすいのでお勧めです。マンションの物件情報を見ると、一覧表の場合、㎡単価が載っていると思います。たとえば、2600万円で、65㎡の物件の欄には(2500万÷65)1㎡当たり38.5万円と乗っていると思います。これは、売却価格÷㎡数で算出しています。数物件の事例を集め、㎡単価を算出すると該当物件の相場が大まかにわかります。一方戸建ては、土地代+建物代になりますが、両方の相場を集めるのはたいへん手間がかかります。マンションと同じ方法で、売却価格÷建物面積でやっても相場は大体わかります。ただし、築年数ごとに分けて分類するほうがより相場に近い数値が出せます。土地の価格というのは、どのくらいの建物が建てられる土地かどうかで価格が違ってきます。一般的な規模の住宅は、容積率いっぱいに建てられているのが普通なので、この計算式が成り立つのです。ですから、土地の広い物件はこれらの分類には適しません。これらを理解していただき、割り算をして、一覧表を作成すると、はっきりと相場がわかってきます。詳しくは、例えば、築年数が浅い、角地である、容積率が高い等、プラス要因はそれよりも高く評価されて当然ですが、ここは、相場観を養成するところなので、のちに依頼する不動産会社にこのことをお尋ねください。そうして、提示された価格はそう遠くない価格になると思います。つまり、目安が立てられると思います。

次に、不動産会社の探し方ですが、私の経験では、住宅に絞って考えますと、マンション、戸建てとも、大手仲介会社の査定はやや安めにしていると感じています。まったく私の主観です。理由はいろいろ考えられますが、大手仲介会社ほど物件情報の広告に費用をかけており、やや安くしておくほうが買い客が付きやすいからではないかと推測します。その結果、広告費の無駄を抑えられるからです。ですから、急ぐ場合は、大手仲介会社のほうが良いですが、少しでも高く売りたい場合は、地元の仲介会社数件に査定してもらって、説明に納得した会社を選定するのがいいと思います。先に述べたように、相場観を把握してから、説明を聞けば、受注せんがために高く提示している会社を排除できるはずですそして、専任媒介契約を締結して依頼することになります。