ブログを始めるにあたって

私は大学を卒業してから、4年間公的デベロッパーに勤務し、そこを退職後ただちに父が経営している不動産会社に就職しました。10年後社長を譲り受け、平成18年に社長を退き会長に就任しました。今日まで、およそ45年間にわたって不動産業に従事してきました。建売分譲、マンション分譲、売買仲介、賃貸仲介、不動産管理全般を取り扱ってきました。バブルとバブル崩壊も40歳過ぎに経験しました。これまで1回も倒産させずに今日まで無事来れたのも、お客様のおかげと感謝の気持ちでいっぱいです。創業58年になりました。私の次男がいずれ社長を継ぐと思いますが、60年70年と続けられたらいいなと思っています。しかし、最近の情勢では、1業種だけで何年も続けていくことはむづかしいと思っています。市町村の平成の大合併がありました。このところは、大企業の苦境、特に家電関係が多いと思いますが、生き残りをかけて合併が盛んにおこなわれています。まさに、民間版、平成の大合併の様相を呈しています。私としては、自分の子供たちが職種を変えてでも、屋号または会社を残して、100年続けてもらえれば望外の喜びです。

さて、不動産は一生のうち、1回から2回売買する方が多いかもしれません。これではいくら勉強してもその知識を忘れてしまうことでしょう。そういった方々のために、これまでのお客様を当然含めて、それ以外の方々からもたくさん質問を受けました。それらを思い出しながら、問答形式で、毎日1記事をこのブログにつづっていきます。ぜひお読みいただければ幸いです。