レンタカー桃狩り甲府一の宮ほうとうワイナリー

きょうはタイムズ24で車を借りて、甲府一の宮へ桃狩りに行った。次男夫婦、三男夫婦と私の5人。まずは横浜駅西口でレンタカーを借り、次男夫婦と瀬谷に住んでいる三男夫婦を迎えに行き、東名、圏央道を使って甲府へ行った。9時半に出発して、甲府には11時半過ぎに到着。まずは、あの「お豆ちゃん」で有名なフジッコワイナリー。

フジッコワイナリー入り口

 

この後もワイナリーを数件試飲をして気に入ったワインを購入したが、どこでもドライバーは試飲お断り。ドライバーにはソフトドリンクやスウィーツなどを用意してくれていた。フジッコワイナリーではマンゴー味のフルーツセラピーーをドライバーに用意してくれていた。

ドライバー用スイーツ

2件目は明治23年創業の丸藤葡萄酒。写真は入り口と、店内の様子。

インテリアは黒の木の造作で統一されていて素敵な雰囲気。3件目は本日のメインテーマである桃狩りで、すでに30年前後の付き合いのある、中西農園。この時期桃の販売のほか、フルーツパーラーを併設していて、ピーチパフェを食べるのが主要テーマの一つ。

朝どれの桃をふんだんに使ったピーチパフェ
食べかけでもボリュームのあるピーチパフェ

写真のように、朝どれの桃をふんだんに使ったパフェで美味しいことこの上ない。食べかけ途中の写真を見てもお分かりのようにボリューム満点。ここでB級の在庫ひと箱4Kgを4箱購入。次のワイナリーへ向かう。このワイナリーは数年前にオープンした。庭の整備も万全。内装も凝っていて、さすが最新ワイナリーのイメージぴったり。

最後のワイナリー訪問は、「甲斐生葡萄酒」の看板を掲げている3代目経営の、古色蒼然にして、インテリアも古さを残しつつ、売店はしゃれたインテリアとともに、試飲しやすく工夫してディスプレー。3代目社長自ら説明。ここでようやく4本購入。

最後は有名な酒屋にて大量のワイン購入。ここで時間は1時半。昼食は、3代目社長に推薦していただいた、「ほうとう」専門店。2時半に店を出て、帰路に就く。