英会話 vipabc を知る

実は、今年2017年1月から民泊に1室だけ提供することを始めた。ゲストは、airbnb に登録するだけで、世界中から集まってくる。最初のゲストはアメリカ人女性とスウェーデン人男性のカップルだった。詳しくは今後、「民泊」の欄でブログする予定だ。民泊を始めた動機は、ゲストと英語で会話したい、会話力を試したいということだった。レアジョブのおかげで、格段と意思の疎通が進むようになった。でも、正直に言うと、まだ完全には聞き取れていない。最近の悩みの最大なうちの一つだが、ボキャブラリーとフレーズ、イディオムが少なすぎることだ。英会話に多くの時間を費やす根気も熱意も少なくなっている。また、ほかにやることも多くて、なかなか悩みを克服することができないでいる。これは努力と根気で征服するしかないのだが。8月に入って、わが民泊に、中国人の夫婦が泊まってくれた。ご主人は、エンジニアで上海でエリートらしい。英語と中国語の2か国語を話した。奥さんは、キャリアウーマンらしい。あのサイバーエージェントの上海のグループ会社に勤務している。ベンチャー企業への投資会社らしい。その前はソニーに勤めていたという。日本語、英語も堪能で、ずっと日本語で私と話していた。ご主人が会話に加わると、英語で話した。ある晩、私が60歳過ぎてから英会話を始めて2年間で会話ができるようになった、と話したら、夫婦とも非常に興味を持ってくれて、ぜひ詳しく話してほしい、ということになった。全員がフィリピン人教師で経営は日本人、1レッスン25分で130円くらい、毎日1回レッスンを受けても月に6000円ほどだった、ということを話した。すると夫婦で中国語で何か話し始めた。終わると、奥さんが日本語で私に言った。「私の会社で、同じような英会話学校に最近融資した。その会社は、台湾で19年間経営して成功し、昨年2016年8月に、日本に上陸した。教師は全員ネイティブで、世界中にいる。レアジョブは、スカイプを利用しているが、この会社は、独自に、同じシステムを持っていて、つまり、衛星と契約しているのかもしれない。私は、きっと大成功すると思っている。webサイトを見ますか?」と言ってくれた。その場でスマホで開いてもらってピンときた。自分の英会話の次のステップ、ステージはこれだ。ボキャブラリー等を増やすのが先決だけど、並行して徐々にやればいいと感じた。翌日、かの夫婦は鎌倉観光に出かけた。その間、再度、webサイトを開いた。名前を、vipabc という。無料体験レッスンがあるというので早速申し込んだ。しばらくすると、担当者から電話があった。色々説明をしてくれた。翌日の昼過ぎの時間が取れた。予約時刻丁度にwebサイトに外国人が現れた。音声は、テレビ中継でよく目にするが、こちらの音声と教師の音声の間に2秒ほどのタイムラグがあった。そしてすぐ会話が始まった。その日のテキストは決められていて、若干の世間話の後、テキストに沿って会話は進められた。テキストは決して無づかしくはなく、ここで私にとって重要なのは、教師が何を言っているか聞き取れるかどうかだと思っている。レアジョブの時は、最後のほうの授業では、教師の言うことを聞き取ることができるようになっていて。質問にも的確にこたえられるようになっていた。しかし、vipabcでは、ネイティブの発音は無づかしく、完璧には聞き取れていなかった。今後海外旅行をしたり、東京オリンピックでガイドボランティアをしたり、民泊で世界中の人と話すためにも、ネイティブとの会話に慣れていたほうがいいと思い、その場で入学を決めた。後で担当者から電話があり、更に詳しい説明を受けた後で、正式申し込みということになった。レアジョブと大きく違うのは料金だ。レアジョブでは、月謝払いで、いつでも辞められるし、途中解約でもペナルティは付かない。毎月約6000円として、年間約7万円。vipabcでは、2年契約をしなくてはならない。簡単に言うと、2年間で約31万円ほどのチケットを購入して、それを1枚ずつ消化していかなければならない。途中解約はできるけど、残りの期間の料金を支払わなければならない。私は、6人授業を毎回受講している。これだと1回2500円で済む。毎月払いで、12500円。その代わり、今まで自分の受けた授業を復習としていつでも見ることができる。ここがレアジョブより評価できる点だ。非常に参考になる。そして、まだ日本上陸して1年ほどで、広告も行き渡っていないせいか、生徒数が少なく、4回とも個人レッスンと同じだった。あと、vipabcは、24時間受講可能なので、人が受けにくそうな時間を狙って申し込めば、ほとんど個人レッスン状態なのではと、そこを狙っている。料金に問題はあるが、ネイティブと話すために、私は2年間絶対やめないと思っているので、躊躇なく申し込んだ。もし、会話力に自信のない方は、最初は、安いレアジョブで練習したほうがいいと思う。いつでも辞められるし。テキストは両社ともそん色がない。自信がついたら、vipabcの6人レッスンを始めたらいいと思っています。私は、8月毎週1回会話して、今月9月は全休します。その休んだ分のチケットは、いつでも後で使えますから。ところで、9月26日からメルボルンへ一人旅です。もちろん、英会話の実践旅行です。英会話は、赤ちゃんがそうであるように、テキストで勉強するより、実践だけで十分だと思っています。赤ちゃんは最初から無料で言葉を覚えます。しかし、英会話は家の中にネイティブがいるわけではないので、外で授業料を払って習得しなければなりません。しかし、原理は同じです。つまり実践での習得です。そんためにも、最初は安さが重要です。その面でレアジョブは最高にいい学校です。フィリピンのセブ島へ短期留学する人が多いと聞いています。それもいいですが、レアジョブを毎日受講すれば安くて同じ効果も期待できます。そうそう、駅前英会話学校より両校とも非常に優れているところがまだあります。それは、レアジョブは、仕事が終わって、風呂に入り、食事をして落ち着いてから、下着姿でも受講できることです。スカイプで、肩から上の自分を移せばいいのですから。vipabcは、一切こちらの姿を映さないことになっています。向こうのネイティブは、こちらの姿形を一切見ることはできません。広告に、裸でも受講できます、とうたっているくらいですから。