英語耳獲得が英会話勉強のスタート

習うより慣れを肝に銘じ、英語耳を獲得

私の本格的英会話勉強のスタートは、レアジョブ入会からです。

フィリピンチューターの発音は生徒のレベルに合わせたスピードで話してくれます。

独学しても、英語耳は獲得できません。また、駅前留学しても、マンツーマンコースを選択しない限り、

英語耳を獲得するのは困難です。

習うより慣れろが確実に英語耳を獲得する唯一の方法です。

その点で言えば、外国へ留学するのが一番良い方法です。

しかし、これらの方法では、高額費用が発生して、ごく少数の方しか実現できません。

私を含めて大多数の方は、最小費用で最大効果を図る必要があります。

レアジョブはその点で言えば、まさに実現してくれます。まったくの初級者でも、レベルにあっ

た内容で全く心配なく受講できます。

私はレアジョブに頼まれてお勧めしているわけではありません。

英語耳を獲得するために何度も挫折して、最後にたどり着いたのがレアジョブだったから、

ぜひ皆様にも実践していただいて、英語耳を獲得していただきたいのです。

とにかく、64歳で入会して、2年もたたないうちに英語耳を獲得できたのですから、

賢明な皆様だったら、私より早く英語耳を獲得できるはずです。

英語耳を獲得後はもっと大変、だけど、すごく楽しくなる

英語耳を獲得するまでは、日本人学習者にとっては大変です。

しかし、英語耳を獲得してからは、もっと大変です。

たとえば、いわゆる旅行英語は、一度英語耳を獲得しさえすれば、聴き取ったり、話したりす

ることは比較的楽にできます。相手の言うことが聞こえれば、返答をすることは容易です。これ

こそが会話と言えます。

英語耳を獲得する前には、会話の文章をたくさん覚えたと思います。私もそうでした。

相手の言うことを聴き取れなかったので、的確に返答できませんでした。しかし、自分の思いは

伝えられますので、旅行自体はなんとかなります。でも会話とは言えません。

また、文章を覚えること自体は無駄にはなりません。私も勉強中、何度か、「言えない言葉は聞

き取れない」と目にしたり、聞いたりしました。ただ聞いているだけでは聴き取れるようにはな

らない。自分で話せれば相手の言うことが聞き取れるようになる、という意味です。

つまり、同時に聞くことと話すことを勉強する必要があると言えます。これは正しいと思いま

す。

でも赤ちゃんはどうしているでしょうか。一時期、赤ちゃんは聞いているだけです。やがて、片

言をしゃべり始め、次第にボキャブラリーを増やして、相手の言うことを聴き取り、話せるよう

になっていきます。

英語学習も赤ちゃんの言語発達と同じ過程をたどる可能性があるとすれば、

まずは聴き取りに全力を挙げて英語耳を獲得し、その後、話すことの訓練をするということでよ

いと思います。

しかし、聴いているだけではなかなか聴き取れるようにならないのも事実です。

ここはやはり、会話を毎日して、話すことと、聞くことを毎日繰り返すと、思っている以上に早

く英語耳を獲得できます。

英語耳を獲得するには相手が必要ですが、話すために単語やフレーズを覚えるのは自分一人の自

覚によることが大なのと、英語耳を獲得できれば、英語への勉強が楽しくなり、勉強自体が苦で

なくなり、楽しくなってきます。それと会話自体が楽しくなってきます。

まさに、大変ですが、楽しいのです。

今後の課題

さて、私は、ネイティヴと普通の会話はできるようになりました。

ただし、ボキャブラリーが大変不足しているため、まだ、会話中は、「勘」を働かせて相手の言

うことを理解している状況です。

今は、このボキャブラリーを増やすことが急務です。自分にとって、英語耳を獲得した後の一番

やらなければならないことです。

ところが、今までは、単語集の本は、受験用ばかりが店頭に並べられていました。5月になって、

横浜にある「つたや」で、偶然、この本を見つけました。

朝日新聞出版James M. Vardaman著

アメリカ人で早稲田大学の教授、ジェームス・M・バーダマン先生が著した書です。

「751のフレーズで、日常会話の90%をカバーする単語を「使える頻出形」でマスターできま

す。」と前書きにありました。

これだ!

約2000語を覚えればほぼ日常会話ができるようになると思いました。

その場で購入し、どうやって覚えていこうかと思いながら、この本を読み進めています。

「毎日の英単語」の内容

 

次回書きます。

 

 

英語耳ゲットまでの経過

英語耳ゲットとはどういう状況であるか?

英会話オンラインスクールのレアジョブにお世話

になって約2年弱経過したところでかなりの英語

耳を獲得したと、自負しています。

レアジョブ入会前は、いくら勉強しても、相手や

店の人が何を言っているかよく分かりませんでし

た。しかし、それが全く無駄であったかというと

少しずつですが、聴き取れるような実感はあり,

むだではなかった。

それが確かなものになったのが、レアジョブに入

会して1年半ほど経過したころです。でも毎日レ

アジョブのチューターと話してる繰り返しの中で

は、実感がありませんでした。

 

アメリカ🇺🇸旅行で英語耳の進化を実感!

何となくチューターと話していて良く聴こえるよ

うになったな、との実感がなかったので、しばらく

して、一人でラスベガスへ行きました。

驚きました⁉

ロスの空港スタッフの言うことがよく聞こえたの

です。ラスベガスのホテルのチェックインの際に

も、前よりもよく聞こえました。いろいろな人と

話しました。

 

レアジョブでの受講回数と受講時間

私は、2年間の内、毎日受講したわけではありま

せん。レアジョブのアカウントを見ますと、本日

現在、レッスン回数 377回 レッスン時間 188時間

となっています。先月再入会して、今日までの受

講回数、時間を差し引きますと、2年間では377

回  185時間程になります。

もし、毎日受講すれば、ほぼ1年間で確実に私と

同じレベルになるのは間違いないと思います。

 

 

英語を聴き取れない、を解消するお勧めの本

「奇跡の音 8000ヘルツ 英語聴覚セラピー」

篠原佳年 セニサック陽子 共著

 

私はこの本に出会って、英会話の勉強を続けられました。英会話の勉強を始めたころ、なかなか相手の英語を聴き

取れなくて、何度も挫折しかかっていました。そんなころ、この本を購入しました。日本人がなぜ英語を聴き取れ

ないのかを、篠原医師が、分析しています。これを読んで、腑に落ちました。著書には、「能力にかかわらず」英

語耳になれる、とありました。この能力を、私は年齢と置き換えて理解しました。また、耳だけが、人間の器官の

中で、唯一、リセットできる、つまり赤ん坊の状態にできるということでしょうか。これに意を強くして、挫折を

しながら、レアジョブを2年間続けました。結果、英語耳になりました。以下、この本の要点を記述したいと思いま

す。

前書きの要点

  1. 篠原氏は、耳の専門医師 言語学者でも、英語教育者でもない。

  2. 篠原医師が実践している「聴覚セラピー(療法)」が英語学習にも有効。

  3. 日本人が英語を聴き取れないのは、日本語と英語の優先周波数帯が異なるからだ。

  4. 英語を聴き取ることをあきらめるな。耳は、私たちの体の中で唯一、パソコンのようにリセットできる器官だ。

  5. 耳をリセットして、生まれたときの状態に戻せば、英語も楽に聴き取れるようになる。

プロローグの要点

  1. 英語耳を獲得できれば、英語の学習が本当に楽しくなる。そして、習慣になり、学習が続き、英語力がアップする。

  2. 英語学習において、最優先されるべきは「英語耳の開発」だ。

  3. 1日30分、付属CDを聴けば、早ければ2週間、1か月もすれば、英語を聴き取れるようになる。

  4. 英語を聴き取れないのは、日本人全体に共通する特徴。

  5. 日本語の音の周波数は、1500ヘルツ以下、英語のそれは、2000ヘルツ以上。

  6. 耳は生まれたときの状態に戻せる唯一の器官。

  7. 聴き取れるようにするには、自分の耳を、英語の音の周波数に合わせればいい。

  8. 耳を英語の音の周波数にチューニングするには、日本人が聴き取りづらい「英語特有の高周波音を強調したネイティブの音声を聴く」ことだ。

  9. 英語耳が一度できはじめると、学習すればするほど、発達する。1日2回、付属CDを聴くこと。

  10. たとえ明確な変化を感じ取れなかったとしても、高周波の刺激は、耳を確実にチューニングしていく。能力とは関係ない。そう遠くない将来、必ず、チューニングが合うようになってくる。

 

今読み返してみて、レアジョブの入会前に付属CDをやっておけばよかったかなと一瞬思いました。しかし、英語耳

を獲得できたとしても、それは、赤ん坊の状態になっただけで、やはり、「習うより慣れろ」を実践する必要があ

るのには変わりありません。赤ん坊は2歳くらいまでひたすら聴き取り役しかできず、そこから一気に言葉を発する

ように思います。私は、レアジョブの記録を見ると、2年間で、370回、185時間ほど受講したようです。毎日受講

するとすると、約1年分です。若い人であれば、かなり早く英語耳を獲得できるのではないでしょうか。ご年配の方

でも、1年から2年で獲得できるでしょう。

英語耳を獲得した後

 

私は、英語耳を獲得できた後に、レアジョブを一度退会しました。そして、なるべく多くのネイティブと話をしよ

うと、模索し始めました。また、同時並行的に、フレーズや単語を覚え始めました。これが大変なのです。年齢的

に記憶力が相当後退していると実感せざるを得ません。本当に若い人がうらやましい。

しかし、旅行英語はできるようになったので、海外旅行をして実践するようになりました。2回ほど、アリゾナ州セ

ドナに住む姪を訪ねて、現地のアメリカ人を紹介してもらい、食事をしたり、ドライブをしたり、英会話の実践に

努めました。

 

また、昨年(2017年)には、vipabc という、レアジョブと同じオンラインスクールに入会しました。こちらは、

チューター全員が、ネイティブの方々です。受講料も高く、毎月12960円の2年契約を結びました。この金額だと毎

週1回しか受講できません。1回45分授業です。まだ生徒数が少ないらしく、毎週1回、最大人数6人の講義を受けて

いますが、ほぼ受講生は私ひとりで、マンツーマンとなっています。

 

毎週1回程度の受講では英語耳は発達しないのか?

 

年齢的なものでしょうが、やはり毎日英語を話すほうが耳は発達する、と思い、先月(2018年5月)再び、レアジ

ョブに入会しました。久しぶりに目をしたテキストはすごく改善されていました。チューターの数もすごく増えた

感じです。その分、フィリッピン大学卒業生のチューター数が少なくなったような気がします。

レアジョブ、vipabc とも、今の耳では、チューターの発音を完ぺきに把握するのは難しい、という状況です。た

だし、チューターの言っていることはほとんど理解でき、会話として成立しています。ただ、いずれも長い文章を

続けられると、理解できなくなります。ここのところは、勘で乗り越えています。海外でネイティブと話していて

も、同じことが言えます。それぞれのシチュエーションで言うことは想像できますし、英語耳は5歳児位なのではと

自負しているので、質問には的確に答えられる自信もあります。

目的も目標もなく始めた英会話ですが、「海外一人旅」を自由に行けるようになった今、年齢的にも目標は達せら

れたとみて、やめてもいいのかもしれません。しかし、次々に意欲が湧いてきて、次のステップを目指す自分がい

ます。

新たな目標

2020年東京オリンピックのボランティアや もっともっとネイティブと会話したい、とも思っています。

今は、日常会話に必要な単語2000を暗記しています。多くのフレーズを覚えなければなりません。ボケてる暇はな

さそうです。

64歳から英会話を始めた高齢者の私が、これら目標を達成して、若い人を含め、あらゆる人々に、英会話をしても

らえるように頑張っていきたいと思っています。

 

 

英語を聞き取れるようになるには?

「奇跡の音 8000ヘルツ 英語聴覚セラピー」

医学博士 篠原佳年 セニサック陽子 共著

 

これはある本の書名です。耳の専門医師と、英語教育者で、著書も多数あるセニサックさんとの共著です。

64歳からなぜ英会話を始めたか?

私は、64歳から英会話の勉強を始めました。年齢的に見ても、話せるようにはならないだろうと思っていまし

た。以前から英語に興味を持っていました。時間が自由になったので英会話を始めることにしました。つまりは、

何の目標も立てていませんでした。でも、年齢的ハンディをものすごく意識していました。お金をかけると、途中

で挫折した場合、多額のお金が無駄になる。

したがって、お金をいかに安く済ませるかということを最大重要な課題としました。

そこで知ったのがレアジョブというマンツーマンオンライン英会話スクールでした。毎日1回25分授業で月6000円

程度の受講料で済みます。即入会しました。入会金も不要です。

お金をかけない、という私のneeds と レアジョブの安い受講料がマッチングした瞬間でした。躊躇する間もなく

始めました。

 

最初はどうしたか?

何の目的も戦略も持たず、ただ毎日レアジョブを受講する、予習だけはしてレアジョブに臨むという決意だけで、

始めました。今までは英会話の本もたくさん買ってきました。すべて、無駄に終わらせてきました。レアジョブは

毎日25分受講して、毎月6000円程度の支払いで済みます。1回200円ほどです。これは許容範囲です。レアジョブに

入会した以上、2度と途中で挫折して無駄に終わらせないぞ、という決意だけでした。つまり、英会話の始まりは、

本を読むことではなく、レアジョブチューターとの会話から始まったのです。

 

なぜ相手の言うことを聞き取れるようになったのか?

結論から言えば、習うより慣れろ!で、毎日受講を実践し続けた結果です。

ではなぜ、つづけられたのか?

これも結論から言えば、「奇跡の音 8000ヘルツ 英語聴覚セラピー」

を読んで、自信をつけることができたからです。

この本に出会い、年齢的ハンディは関係なく、とにかく続ければ、聞き取れるようになれる、とわかって、自分を

励ましたから、続けることができました。つまり、トンネルの先に一筋の光明を見出したのです。ですから、つづ

けられたのです。

 

「奇跡の音 8000ヘルツ 英語聴覚セラピー」の内容

前書きから、

  1. 篠原氏は、耳の専門医師 言語学者でも、英語教育者でもない。
  2. 篠原医師が実践している「聴覚セラピー(療法)」が英語学習にも有効。
  3. 日本人が英語を聴き取れないのは、日本語と英語の優先周波数帯が異なるからだ。
  4. 英語を聴き取ることをあきらめるな。耳は、私たちの体の中で唯一、パソコンのようにリセットできる器官だ。
  5. 耳をリセットして生まれたときの状態に戻せば、英語も楽に聴き取れるようになる。

プロローグから、は次回に書きます。

 

 

 

 

 

 

レアジョブでの英会話の実践

レアジョブを選んだ理由

 

  1. 上場企業(東証マザーズ)である。

  2. 受講料が安い。毎月6264円。1回208円。入会金も不要。

  3. 毎日25分のマンツーマン講義を受けられる。

  4. テキストが充実している。

  5. 安いので気楽に受講できるし、都合の悪いときも気楽に授業を飛ばすことができる。つまり、もったいないと思わない

以上のことをWEBサイトを見て、その場で入会した。その日から毎日予約をして、毎日25分、受講しました。

初心者の方は、少し勉強してから、入会したい、と思うかもしれません。

その気持ちは日本人の私としてはよくわかりますが、チューターの中には日本語を話す人もいます。何にもわから

なくても優しく教えてくれます。とにかく受講料が安いので、失敗して、恥をかいても、全く気にならないと思い

ます。いや、せっかく受講したいなら、気にするべきではありません。

習うより慣れろ!!

くどいようですが、入会前に勉強しても話せるようにはなりません。もし、恥をかくのがおいやな方は、超初心者

用の

「スターター」コースを選択することをお勧めします。

挨拶から始まります。何も英語がわからない方でも大丈夫です。「習うより慣れろ」です。

私は、予習をする時間がないときは、その日受講した翌日に、また同じ箇所を受講します。つまり、最初の授業が

予習になり、その日予習する時間があれば、それが復習にもなります。これは、レアジョブの受講料が安いからで

きるわけです。受講料が高ければ、もったいなくて、同じ所を2度も3度も受講できません。レアジョブならこれが

できます。

 

留学するよりも安く、また、留学と同じ効果も期待できます

私は2年で相手の言っていることが聞こえるようになり、会話がほぼ成立するようになりました。

今では、アメリカ、オーストラリアを何度か一人で語学実践の旅を行いましたが、空港、レンタカー、ライブハウ

スの予約、ホテルのチェックイン、チェックアウト、レストランでウエイター、ウエイトレスに注文したりするこ

とができるようになりました。いわゆる旅行英語と言えるかもしれません。

半年程度留学しても、このくらいしか英会話を上達させることが限度かも知れません。

このことは断定はできませんが、旅行会話以上のことができる人もいるかもしれませんが、ごくまれだと思いま

す。

それなら費用を何十万円も費やすより、毎日、受講しても1年で75000円ほどで同じ効果を得られるのであれば、

途中挫折しても、あまり気にならないのではないでしょうか。留学しても、相手の言ってることが聞こえるように

なる人は少ないと聞きます。

あるいは、留学前のプレスクールとしてレアジョブで勉強するのもいいかもしれません。

 

レアジョブ入会時の心配

 

私は、レアジョブへ入会するとき心配なことがありました。

それは、フィリピン人のチューターでいいのかな?ネイティブに教わったほうがいいのでは?ということでした。

全く相手の言っていることが聞き取れない状態の私ですので、そのときは、安いのだから、万が一しゃべられるよ

うになってから考えればいい。と割り切りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安く、短期間で英語を話せるようになる

英語を話せるようになるには?

  1. 英会話を、飽きないため、あきらめないためにも明確な目標を持つ

  2. 明確な目標を設定したら、どのオンラインスクールを選ぶか、真剣に考える。

  3. オンラインスクールに入会したら、できる限り毎日受講する。

これを実践すれば、話せるようになります!!

私は老後の暇な時間をどう過ごすかを考え、念願だった英語漬けの毎日を送ろうと考えました。57歳で経営してい

た会社の社長をやめ、会長に就任しました。いまでも週に4日は会社に出ています。

いざ、勉強を始めようとしましたが、年齢的に無理だと英語を勉強する前に、先に諦め、マンション管理士の資格

を取ることにしました。60歳の時に合格し、マンション管理士の仕事の見習いから始めました。性格に合わなかっ

たことと、収入を得ることが難しいと感じ1年間独立開業しましたが、廃業しました。64歳になって、英会話を始

めました。目標は設定せず、ただ毎日受講すると誓っただけでした。始めてみたものの、ずっと、先生の言葉を聞

き取れず、スカイプでの先生の表情とテキストを見ながら、ほぼ勘で会話をしていました。意外と通じるもので

す。

2年間続けました。

上の、1及び3はこれで実践していることになりました。また、これらは自分一人で設定できます。しかし、2の、

どのオンラインスクールを選ぶのかは、自分で選択はできますが、相性とかがあって、結果は違ってきます。オン

ラインスクールの良さは、安上がりで、自宅でくつろいだ格好で、しかもマンツーマンで受講できるのです。スク

ールによっては教師が欧米人で、費用も高いのもあります。

ですから、無料体験レッスンを受けて、自分に合っているかを確認して入会するほうが良いと思います。

もう一つの目標!!

上の3つの他にもう一つ自分で設定した誓いがあります。

いわゆる駅前スクールには通わず、お金をかけずに、安上がりに勉強をする、というものです。

それは、年齢的にも話せるようになる自信もないので、スクール代が無駄に

なる可能性が高いと思っていたからです。

結果、私が選んだオンラインスクールは、

「レアジョブ」でした。

 

 

 

ニューオリンズ ニューヨークの旅

2016年9月26日成田空港発ヒューストン行きANA

小学校時代からもう60年近くの付き合いになる友達と、ヒューストン経由ニューオリンズとニューヨークの旅に出かけた。ちょうど1年前になる。スマホで撮影した写真と記憶だけでの記述で、あいまいなところが多いと思うが、備忘録として残したくなり、書き始めることにした。

ヒューストンに、10時くらいに到着。入管手続きも、空いていてスムーズに通過できた。予約してあった、AVISレンタカーのカウンターへ直行した。すると、予約したコンパクトカーが用意できなかったとスタッフが言った。今用意したのは、日産の中型車だがいいか、という。いつもレンタカー会社は同じことを言う。私は、友達の手前もあるので、必死に、「そんな予算はない。もっと小さい車を用意してください。」

こちらとしては28日までの3日間なので、契約時は16000円ほどだったので、いくら高くなったとしても、3万円くらいだろうから、受け入れてもよかった。しかし、毎回同じことを言われるので、英会話の練習も兼ねて、とにかくリッターカーを用意してほしいと、粘った。ボスと相談したらしく、リッターカーは用意できないが、ジープなら用意できると言ってきた。それで折れて、日本語付きカーナビをつけるように頼んだ。すぐ近くのパーキングへ行き、スタッフがここに止まっている車はどれでもいい、と言われたが、ジープをチョイスした。そのエリアは同じサイズの車が止まっていたようだ。

事前の情報で、ニューオリンズのダウンタウンの道は狭い、とbooking.comのサイトで読んでいたので、日の明るいうちに着かないと、接触事故でも起こしかねないので、ヒユーストンの街をどこも見学せずにニューオリンズへレンタカーを走らせた。ナビでの計算であったが6時までには着きたかった。飛行機では、一睡も出来なかったので、睡魔に襲われないか心配だった。できればヒューストンで1泊でもしたほうがよかったかもしれないと思ったけど、1泊程度では大して見学できないので、完全スルーした。それより、ニューオリンズかニューヨークに多く宿泊したかった。

途中、フリーウェーのサインを見て、サブウェイでランチを取った。20分ほどで切り上げ、再びフリーウェーに戻った。しかし、もう休憩する時間は無い。

平均時速100kmでニューオリンズを目指した。渋滞は無かったものの、予定どおりに事は運ばない。すっかり暗くなってきた。ガソリンはまだ一度も給油していない。レンタカーの警告ランプが点灯していたのに全く気づかなかった。慌てて、ガソリンを入れなければならないと緊張した。ところが、ニューオリンズの市街地に入ってきたせいか、それまで規則的に現れてきたガソリン⛽の看板が全く現れなくなった。気は焦るばかり。二人で万が一の時は、車で寝るしかないな、と話した。フリーウェーが終わり、市街地に入って、やっとガソリンスタンドが見つかった。危ないところで、難を逃れることができた。昼間ならここまで焦らなかったと思うが、二人で冷や汗を掻いていた。

ナビに導かれるまま、目的のホテルに到着した。フロントで駐車場の場所を聞いた。ホテルの後ろ側にあった。事前の情報で、治安が悪いと思っていたので、ゲートが無い駐車場で車が少し心配だったので、カーナビを外して部屋へ持って行った。部屋は、1泊1万5千円ほどだったので、まあまあだった。部屋はとても広かった。昼は、サブウェイのサンドイッチだけだったので、外で食事をしようということになった。部屋に落ち着いたのは、夜8時を回っていた。フロントで、周辺の治安について尋ねた。全く安全だという。信じられない思いで外へ出た。ホテルの裏手に何軒かのレストラン、ライブハウスが営業していた。全部の店を見て回って、角にあった広い、バーのような、レストランのような店を選んで入った。南部料理は美味しいと聞いていたが、何の情報もなく入った店だったので、全く期待していなかった。二人ともビールとハンバーガーを頼んだ。ハンバーガーは、15ドル余だったと思う。二人ともびっくりした。物凄く美味しかったのだ。このあとNYでも有名なハンバーガーを食べたが、いつも、あのハンバーガーのほうが全然美味しいな、と二人は繰り返した。

満足して、徒歩で3分ほどのホテルに戻って、風呂に入って、最初の眠りについた。