民泊

2017.10.8(日)

多数の国からゲスト

今年の3月からAirbnb で民泊を本格的に始めた。6畳一間を提供している。私がホストでお客はゲストという。私はそこに住んでいるので、トイレ、ふろ、洗面所、リビング、ダイニング、玄関はホストとゲストの共用である。大まかな傾向として、おうべいのかっぷるはほすととのきょうようを嫌う。アジア人もそういう傾向にあると思うが、そこは、欧米人ほど気にしないみたいだ。半年経過してようやく慣れてきた。8月はほとんどが中国からのゲストだったが、内訳は、チェコ、フランス、ブラジル、オーストラリア、アメリカ、台湾、中国(上海、香港、四川省ほか)、シンガポール、韓国、フィリピンからゲストを迎えた。

来年から民泊は届け出制

来年から横浜市では、民泊が届け出制となる。いろいろな規制をかけるみたいだ。その負担をしてまで続けるべきか今考え中。もともとは、英語を勉強中なので、民泊を始めれば、英語がネイティブなゲストと、英語を話しながら、かつ交流にもつながると考えて始めた。もちろん、収入にも魅力はあった。また、政府が4000万人の訪日を目指しているというので、とてもホテルが足りないのではと思い、経営することにした。それを、来年から規制するという。既成業界を守るためだけで規制するのだ。詰問すれば、ゲストに万が一があってはならないためだと、行政は言い訳を考えているだろう。したがって、今は、そこまでするなら、協力する必要はないだろう 、と考えている。しかし、結論は来年になってから考えることにする。

意外と収入になる民泊

現在我が家は、1泊38ドルで料金を設定している。2beds なので、一人当たり19ドルである。ドルで設定してあるのは、外国人を対象にしているからである。民泊のweb サイトでも説明は英語で掲載してある。したがって、ゲストは今のところ100%外国人である。8月は、ほぼ中国人で埋まり、最後の週から9月初めにかけてチェコ人がゲストだった。22日ほど稼働して、手取りで8万1千円ほどの収入だった。もし1か月単位で学生に間借りしてもらった場合、おそらく家賃は4万円ほどだろう。それに比べると、約倍の収入である。現在は1組のゲストの世話だけであるが、宿泊前に、ベッドメーキングをし、掃除をして、小物をそろえるだけである。それに、約1時間かかる計算になる。したがって、専業でやればもう6室くらいは経営できる感じである。単純に6倍すると約48万円の収入になる。経費としては、寝具類のクリーニング代、消耗品の購入ぐらいである。Airbnb 本部からは、もう少し安くして、満室を狙うべきとのメールが頻繁に入る。しかし、38ドル以下で料金設定することは、粗利は微々たるものになるので、これ以上下げるつもりはない。

レベルの高いゲスト

今のところ、私にとって変なゲストはいない。周りのものは、よく見ず知らずの人を泊められるね、危なくない?とか、モノを留守中に持って行ってしまうんじゃないの?とか心配するけれど、まだ1回もそんなことはない。予約を受け付ける前に、ゲストのプロフィールや他のホストからのレビューを見れるので、おかしいと思えば受け入れる必要はないので、いいシステムだと思う。入会前にサイトを読んだら、そのために、Airbnb では、多額の保険に入っているということだった。それと、前ゲストが、部屋をきれいに使い、バスタオルは遠慮して90%のゲストが使わない。多分、私がそこに住んでいるからではないのかと思う。完全なプライベートな部屋だったら、ゲストの質はかなり落ちるのではないかと思う。

 

 

 

メルボルン旅行8

rococoで最後の朝食

今晩の0:35発JAL773深夜便にてメルボルン空港をあとにする。あっという間に終わったという印象だ。最後の朝食には、パンケーキを選んだ。2度目だが、やはり美味しいかった。

顔なじみになった店員に、お礼を言って別れた。ホテルに戻り、バッグを受け取って96番に乗るためルナパーク停留所へ向かった。

語学学校見学

サザンクロス駅から約2分のところにあるimpact english collegeへ行って話しを聞くことにした。

学校は、William st とpark stの交差点角のビルの4階にある。オレンジと赤の内装が施され、その階に5教室があった。5階にも教室があるが、思っていたより大きくはなかった。横浜にもありそうな規模ではないのか、受付にオーストラリア人の女性が座って仕事をしていた。今日帰国する前に学校見学に来た。いくつかの質問がある、と告げた。いま日本人スタッフに連絡したが不在なので、日本語は話せないが、韓国人スタッフがいるから、座って待っててください、と言われ待っていた。すぐに来てくれ、いろいろな説明を受けた。途中日本人スタッフが戻って来て、変わってくれた。代理店を通しても、通さなくても費用は同じ、年齢は関係ない、個室の学生寮が電車🚆で40分のところにある、ビザが必要だが、3か月以内なら観光ビザで良い、費用は週320ドル、別途寮費、食事代、生活費がかかる。というような説明を受けた。

ついで代理店も訪問<<<
で調べておいたオーストラリア留学センターを時間がかなり余っていたので、予約なしで突撃訪問することにした。ナビ片手に15分ほど歩いてなんとか辿りついた。ビル名も社名も外に書かれていないので探すのに一苦労だ。便りは、ナビのビルの写真だけになる。中にはスタッフが男女各1名いた。お腹ような説明を受けた。印象としては、直接学校とやりとりするよりも、代理店を通して話した方がスムーズにことが始まりそうな感じがした。今後、もし留学するとすれば、費用が同じということだから、代理店を頼ることにする。

メルボルンのイタリア人街< img src=”http://thirdpenguin.com/wp-content/uploads/2017/10/img_0264.jpg” height=”3024″ class=”wp-image-1050″ width=”4032″><<<
ンターの女性スタッフが歩いて15分ほどのところにイタリア人街があると教えてくれた。時間がまだかなり余ったのでゆっくり歩いて行くことにした。今回は留学センターでもらった地図片手に、通りの名前を確認しながら、ゆっくり歩いた。

地図の通り進んでいると、イタリア人街にぶつかった。通りを挟んで両側にイタリアの物産を扱う店やジェラート屋が立ち並んでいる。

戻る途中複合ショップみたいなところがあったので歩き続けた休憩のためにも入ってみた。どこも美味しいそうだったが、早い夕食をここら辺で取りたかったので、賑わっていたジェラート屋で休むことにした。グリーンティのジェラートを食べた。美味しいかった。

夕食も飽きずにまたイタリアン🇮🇹

ジェラート屋で少し、イスに座ったまま眠った。そこを離れ、美味しいそうなイタリアンレストランを見つけながらゆっくりと歩いた。交差点角に少し高そうなレストランを見つけて入った。

本日のスープとあったので、聞いたら、ミネストローネだと言う。それを注文し、次にニョッキを注文した。ソースがいろいろあるらしく、野菜ソースを選んだ。首都圏だと、ニョッキのソースを選ぶということはない。さすが本場物だ。残念ながら、写真撮影に失敗したようだ。

メルボルン旅行5

rococoレストラン最高

昨夜のイタリアンレストランrococoは、味、雰囲気、店員さんのフレンドリーさ、どれをとっても最高。そしてリーズナブル。イタリアンが好きな自分にとって、本当に嬉しかった。そしてまた今夕も。昨夜から3食連続。

上の写真 パンプキンリゾット🎃。パンプキン🎃の味が中心で、トマト始め野菜がたっぷり入っていた。横浜では、リゾットはあまり食べないが、リゾットに対する認識が変わった。下の写真は、店員さんに聞いて、勧められたパンナコッタ。チョコレート味で甘さもちょうどよかった。

ホテルフロントとロビー今回予約は、いつものように、booking.com四つ星を選んだ。安く泊まるため一番狭い部屋にした。7泊で5万円ほどだった。四つ星で安いという条件で検索した。結果的に良かった。ロケーションはメルボルン郊外のセントキルダビーチでリゾート地だ。何より美味しいイタリアンレストランがあったことが満足度を高めている。

朝食もまたrococo 朝10時オープンなので、11時にブランチに出かけた。選んだのは、パンケーキ。量的にもちょうどよかった。自分の好きなベリー系をトッピングしてあった。甲乙つけがたいが、きのうのabbey road よりrococoのパンケーキの方が美味しく思えた。

CITY見学 メルボルンで一番賑わっているCITYに行った。東京銀座より人が出ていたように感じた。ここだけはビルが林立していた。大道マジシャン、ミュージシャンが賑わいをより盛り上げていた。ダイソーjapanを見つけた。全品2.8豪ドル?のようだった。デパートは決算セール⁇の真っ最中だ。

CITYには中華街があるあった。

またまたカジノで大負け反省、反省、反省⁉️
もう今日でカジノは退散!
夕方失意のまま、rococoへ向かう。

週末のためか混雑していた。



美味しいパスタ

メルボルン旅行4

2017年9月28日3日目

美味しいパンケーキ

きのう、カフェの食事でえらい目にあったので、今朝は、アクランドストリートにある商店街の中を自力でカフェ☕️を探すことにした。きのう散歩中に客で賑わっているカフェがあった。他の店を歩きながらネットで調べたが、あまりあてにならないと思い、実際に数軒のぞいて見た。どれもすいていた。やはり、賑わっているところがいいと思い直して、きのう賑わっていたカフェに入ることにした。abbey road というカフェ。写真は、寒いのに外で食べる客。大型のストーブがあるので、思うほど寒くはない。でも中の席に座った。

美味しいカフェ<<< 初は、カフェラテを飲む。味は普通。 <<< ンケーキを注文。 <<< 味しいかった。茶色に見えるのがハチミツ、上下にホイップクリーム、トッピングに、バナナとイチゴ一番上が甘い砂糖のようなもの。甘さ控え目で、下に大きなパンケーキがあったが、ペロリと食べてしまった。また明日行ってみたいくらい美味しいかった。 食後はEnglish teaを飲む。どこでもポットで出てくる。 ・チップまた受け取らず<<< テルに戻ってベッドの上を見たら、チップとして置いてあった2ドルが元のままになっていた。本当にチップは不用みたい。 ・トラムはとても便利< ラムしか🚈乗っていないが、どこでも何回でもOKなので、安くて便利。 明日はメトロに乗って郊外へ出かけてみたいと思っている。 ・ナンバー1カフェは超満員

旅行計画のブログで、加藤佳さん(全くの見ず知らずの方)がナンバー1に挙げていたカフェへ行ってみた。外まで客が並んでいた。もちろん店内はごった返していた。

右手が店。通りの両側に待ち客が並んで、待っている。店内を見渡すと、洒落た内装を思わせた。

写真を撮って早々に退散した。滞在しているホテルの近辺のカフェは、横浜で言う、大衆食堂みたいな店ばかりなので、大層驚いた。次回くることがあれば、ぜひチャレンジしてみたい。

カジノでまた大敗

正面がメルボルン最大級のクラウンカジノ

左手下に赤いヘリコプターが見え🚁る。市内遊覧らしい。


イタリアンレストラン最高

パンプキンリゾット最高


ってみたい気もする。

メルボルン旅行1

  1. メルボルン初日

今コスモポリタンホテルに到着。こちらは現在夜中の0時35分。日本時間夜中の11時35分。今回初めてWIFIを借りた。イモトのWIFIだ。ルーターの他にいろいろ付いてきた。

最初説明書を読んでもよくわからなかった。成田でy outuveを検索してみたら[イモトのWIFI]でたくさん出て来た。ルーターを起動させることが簡単だと分かったが、他のものをどう使うのかイマイチ不明だった。ホテルに到着して、スマホの充電がないので、コンセントに差しこもうとしたら、全く入らなかった。

ハの字形だった。iPhoneはどこの国でもそのまま使えると聞いていたので、びっくりした。イモトの付属品をいじっていたら、ハの字形になって来たので、差し込んだら見事はまった。[やるな、イモト]と思った。大助かりだった。一瞬、このままだと、ブログを帰国するまで諦めるのかと思った。そして今、ブログを書いている。たぶん、25日26日の二日間ブログを休むことになってしまったと思う。連続記録を破ってしまったことが悔やまれる。もう今晩は、風呂に入ってから寝ることになる。

ニューヨーク入り2

タイムズスクェアにて

この日の夜は、ジャズライブを見に行くことになり、ネットでランキングを見て、Birdlandいうライブハウスを予約した。

1949年に52丁目にオープンしたらしい。

Birdland 店内

上 Sanders演奏中 下 Sandersの説明書

私たちは、全くジャズの素養が無く、有名なプレーヤーのようだけど、曲名もわからなかった。ニューヨークでジャズを味わってみたかっただけのような気がした。有名な曲なら知っているのはある。例えば、テイクファイブとか。あとで聞いたら、全て即興で演奏していたらしい。しかし、入口のスタッフはとてもフレンドリーで、どこから来たの?と聞いてくれた。雰囲気はとても良かった。

夜遅くなってしまったが、地下鉄Ⓜ️を乗り継いでホテルまで帰った。全く安全で、どこでも危険な目には会わなかった。

ライブに行く前に、色々なところヘ行った。

特にMOMAのピカソは印象的だった。撮影がどこでも可能だった。

ニューオリンズの1日

ニューオリンズ最初の朝 宿泊したホテルのレストランにて

まずまずの朝食を済ませ、フレンチクォーターに行った。🚘で行くことにした。なんとか駐車場に🚘を止めて、フレンチクォーターを一周することにした。

フレンチマーケットは、ミシシッピ川のバーボンストリートなどがある一角「フレンチクォーター」の中心で開かれる200年以上の歴史があるアメリカ最古のマーケットです。

フレンチクォーター内にあるフリーマーケットの前で

午前中のせいかフレンチクォーター自身すいていた。フレンチクォーターの歴史は古く、その歴史は、1791年まで遡る。当時はまだスペインの植民地だった。アメリカで最も古い市場として知られている。 夜ジャズライブを見た帰りに立寄る

店舗は全て片付けられひっそりしていた

フリマでは欲しい物が無かったので、何も買わないまま、フレンチクォーター巡りを再開した。正午に近づくにつれて、人が出始めてきた。左側に見えるジャズバンドは、それを目当てにしているらしく、演奏をし始めた。驚いたのは、聞いていた人はもちろん多くの行き交う人々までも、チップを投げ込んでいたことだ。

まるで、バンドを育てている感覚を覚えた。演奏スキルもたいそう高く、長く聞いていられた。

喫茶店でしばらく、街を見ながら、疲れを癒した。どこにいても、ジャズが聞こえてくる。

一度🚘をホテルへ置いて、路面電車🚃に乗って市内見学をしてみようということになり、駐車場へ戻って驚いた。私たちが駐車した場所が、レストランの裏口の前だったので、荷物の出し入れが不便だったらしい。従業員同士で大騒ぎしていた。

どうかしたのか、聞いたら、この🚘はおまえのか?早くどけてくれ。ここは店の裏口で困っている、という。慌てて謝って🚘をどけて、事なきを得た。反省するばかりだった。

ミシシッピー川の土手で

ミシシッピー川沿いを走る路面電車リバーフロント線に乗ってフレンチクォーターへ

夜は、ジャズライブハウスへ

ネットで調べて、予約なしで行くことに。

このSNOG HARBOR はベスト5になっていた。

非常に高度な演奏スキルを持っている。

ライブハウスの食事は、まあ普通。食事をしながら、ライブの予約を済ませた。

翌日は、レンタカーをルイアームストロング空港に返却して、NYのニューアーク空港行き国内✈️に搭乗した。

夕方のフライトでニューアーク空港到着は夜8時ころになってしまった。タクシー🚕は避けて、まずは、電車🚃に乗って移動した。